新型 ASUS VivoBook E200HA-8350 の気になったところ レビュー&評価

先日購入したASUS VivoBook E200HA-8350

あいかわらず快調でございます。

ただ、少し気になった点も出てきたので、

そちらもお話しておこうかと。

このモデルが気になってる方は

購入直後のレビューも併せて見ていただけると幸いです。

メモリが4GBに倍増!3万円ノート 新型 ASUS VivoBook E200HA-8350は買いか? レビュー&評価
前回のエントリーでは購入の最終候補となった 以下の2つのノートパソコンを比較してみました。 Dell Insprion 11...

新型E200HA-8350の気になった点

img_1036

画面がグレア液晶なのだ!

これは好みの問題もあって

別に問題じゃないんでしょうけど、

明るい窓際や照明が明るい場所で作業していると

周辺の景色の映り込みが少し気になります。

もちろん自分の顔もね・・・

まあ作業に集中してくれば気にならないので、

集中できないときの言い訳という説も・・・

発色の鮮やかさではInspiron 11 3000に

勝っていると感じますよ。

タッチパッドの感度はイマイチ

基本的にマウス使用が推奨です。

というかMacを除くノートパソコンのタッチパッドは、

多少の程度の差こそあれ、どれもイマイチですけどね。

しかしせっかくコンパクトで軽量なモデルなので、

できればマウスも持ち運びたくないなと思うのが心情でしょう。

それでなんとかタッチパッドだけで快適に操作できないか

試行錯誤してたわけですよ。

そうしたら、うまく反応させる方法をいくつか発見しました。

E200HA-8350のタッチパッドをうまく使うには

img_0997

ダブルタップからのドラッグは親指で

まあそのままなんですが、

ファイルを移動させたりするときに使う

ダブルタップからのドラッグ、

人差し指だとなぜかうまく反応してくれません。

親指でダブルタップしてドラッグすると

8割くらいの確率でうまくいきます。

なぜでしょうかね・・・

3~4本指のジェスチャーはそれぞれの指を離して

指を3本以上使うジェスチャーでは

指と指の間をくっつけずに距離を保つとうまくいきます。

これで4本指のタップが必要なアクションセンターにも

スムースにアクセスできます。

スクロール時の慣性ががすごすぎ

2本指で画面を上下にスクロールするとき、

慣性がスゴイことに気が付きました。

“2本指で指2本分”くらいタッチパッドを

スライドさせると1画面分くらいすっ飛びます。

慣れもあるでしょうけど、毎回「うおっ」ってなります。

ちなみにスクロール時の慣性を

調整する方法をおしえていただきました↓

参考 https://ikiru-tips.com/asus-disable-smooth-scroll/

まとめ

もっとあら探しをしようと思ったけど、

まだこの2つくらいしか気になる点がありません。

前回のエントリーではキーボードの感触が

云々とお伝えしましたが、ストロークがあって

意外とタイプしやすいことに気付いてきました。

それと、あいかわらず電池の持ちが素晴らしいので、

外出時の安心感は最高レベルですね。

img_1037

さらなる後日談はこちら(購入1か月後)

3万円ノートパソコンで知っておくべきこと!購入1か月後のリアルなレビュー&評価
購入して約1か月が経った ASUS VivoBook E200HA-8350(以降E200HA-8350)。 過...

E200HAと一緒に使うと超絶便利なアイテムをこちらにまとめています

11型ノートパソコンの作業・運用が10倍はかどるアイテム5選!
そのコンパクトさと軽量さで仕事に遊びに大活躍するのが11型のノートパソコン。そんな11型ノートパソコンを超絶快適にするアイテムを今日は紹介し...

さとすき

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ピンバック: 新型 ASUS VivoBook E200HA-8350 の気になったところ | さとすきのボナンザ研究所 […]

  2. ポジ太 より:

    初めまして。
    ASUSノートPC、スクロール時の慣性をOFFにする方法を記載しました。
    よろしければお試しください。
    https://ikiru-tips.com/asus-disable-smooth-scroll/

    ASUSの記事に検索から来ましたが、気になる記事が沢山あります。
    これから読ませていただきます。