アシュワガンダの粉末はカプセルより効果があるかもしれないよ

アシュワガンダはアーユルヴェーダで使われるアダプトゲンです。
個人的にお気に入りのアダプトゲンであり、これまではNOWが出しているカプセルタイプのアシュワガンダを愛用してきました。

Now Foods, アシュワガンダ、450mg、90ベジキャップ

じんわりと体調が底上げされる効果自体にはそんなに不満はありませんでしたが、1日2~3カプセルを摂っているとどうもなくなるのが早い。
90カプセル入りなので、一ヶ月程度でなくなるわけです。

そんなときiherbで発見したの粉末タイプ。
アメリカのサイトであればアシュワガンダを始めとするアダプトゲンを粉末で購入できるサイトは少なくないのですが、やはり利便性から考えるとiherbが圧倒的に便利です。

ashwagandha

ということでこの粉末タイプのアシュワガンダを使ってみた感想をざっくりとお話したいなと考えております。

アシュワガンダの粉末はカプセルより効果があるかもしれないよ

1.ずばり効果は

僕が粉末タイプとして選んだのはこちら。

Starwest Botanicals, オーガニック アシュワガンダ根 パウダー, 1 ポンド (453.6 g)

以前から存在は知っていたのですが長らく売り切れの状態が続いていたので、在庫ができた瞬間に購入しました。

まあ率直に効果を申し上げると、カプセルより断然効きます。
個人的な体感ではありますけど、夜飲むとこれまで以上に心が穏やかになり入眠がスムースだし、朝飲んでもいい感じでリラックスできる。

こんなに効くのには実はカラクリがあるんです。
これまで摂っていたNOWのカプセルに含まれるアシュワガンダは450mg。
いっぽう、粉末のアシュワガンダでは5,000mgくらい摂っています。
どちらも標準化されているわけではないので単純比較はできないんですけども、粉末の方が有効成分も多いのは間違いないでしょう。

そりゃ名目上10倍以上の量を摂っているわけだから、効果も多少大きくならないと困りますね。
それだけの量を摂るのはもちろん自己責任ということになりますが、僕はとある研究[1]で一日5gのアシュワガンダを摂取しているのを参考にしてみました。

ちなみに別の研究[2]では明らかに被験者の血中コルチゾールが減少しており、ストレスが減っていることが示されています。
僕が感じた焦燥感の減少や入眠のしやすさというのは、このコルチゾール抑制効果が少なからず影響していそうです。

2.味とか使用感とか

単体だと味は苦いです。
僕は朝、ココナッツオイルをブレンダーで溶かしたコーヒーを飲んでおり、それにプラスする形で粉末アシュワガンダを摂ることにしています。
ただ確実に味が変わってしまうため、もはやコーヒーとは言えないのが難点です。

oil coffee

口に粉末を放り込んで、クスリのように水で流し込むのも良いのかもしれませんね。
一瞬感じる苦味に耐えられるのであれば・・・。

3.今後どうするか

粉末のアシュワガンダは約450g入っています。
一日5gを摂取するなら、3ヶ月持つ計算です。
5gも摂って3ヶ月も持つのは率直に素晴らしいですね。

一ヶ月あたりのコストで考えると、カプセルの1,000円に対して粉末の800円なので、正直そんなに安くはなっていませんが、摂取量が増え効果が大きくなっていることを踏まえると、今後も粉末タイプを使用すると思います。

5gを毎日摂り続けて大丈夫なのか、という点についてはこれから体調を見ながら判断したいと思います。
コルチゾールを抑える効果がこれだけ大きいのであれば、いま頓服薬的に使っている御岳百草丸は不要になるのも嬉しいです。

さとすきー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク