ネイティブ先生に要注意!?英語は日本人に習ったほうがいい3つの理由

英語学習はネイティブから?

巷ではネイティブの先生による英語レッスンが人気ですが、英語を上達させたいなら本当にネイティブのがいいでしょうか。

僕は過去に英語を勉強してTOEICで955までたどり着きましたが、英語を習うなら日本人のほうがいいと思ってます。

英語は日本人に習ったほうがいい3つの理由

1.ネイティブ先生は高い

授業料の相場

授業料を見るとだいたい

・ネイティブ(60分)6,000円~

・日本人(60分)3,000円~

といったところ。

もっと安いところもありますが、入学金が高かったり、授業の質が低いなど、なんらかのからくりがあるので注意してください。

となるとネイティブ先生だと週1の授業でも月に24,000円。月に24,000円払える学生ってなかなかいない。なので、基本社会人しか無理。

社会人であっても月に24,000円の趣味・習い事といったら高額の部類でしょう。もちろん自分への投資ですから惜しむべきではないけど、そもそもいまよりもっと稼ぐための投資なので、現時点での生活はそんなに余裕ないわけで。

さらに絶望的なのが授業がたった週1だってこと。週1でうまくなる習い事ありますか?ましてや大人になってから習うわけです。週1ではほんの気持ち程度しか上達しません。

日本人先生なら同じ予算でも週2いけます。もしかするとバルクディスカウント(回数増やして値下げをお願いする)で週3いけるかもしれない。そうなると上達度合いは全然違ってきます。

2.日本人先生は生徒と同じ経験をしてる

日本人先生は英語学習のプロセスを踏んでます。英語を学ぼうとしている人がつまずくところなんかをわかってる。

一方、ネイティブ先生は英語は気付いたらできてたんです。僕らが日本語を使えるように。ネイティブ先生は正しい英語を知っています。ただ英語を学ぶ人がなぜつまずくのか分からない。ひたすら発音はこうだとか、こういう状況ではこの表現だとか教えてくれますけど、それがすぐできれば何の苦労もないわけで。

日本人先生は体系的に、どう学べば効率的なのかを知ってます。その先生が通ってきた道ですから。その方法をもう教えたくてしょうがない。僕の経験では例外なくみんな超親切。

3.マインドの問題

外国人というのは英語教師に関わらず「Work To Live」のマインドが基本。別に悪いことではない。生徒が英語を覚えてくれたらもちろん嬉しいのだけれど、日本で生活するために英語を教えているネイティブ先生はときに超ドライだったりする。

流れ的にきりが悪くても、オンタイムですぱっと授業が終わるのは当たり前だし、よりよい生活を求め突然いなくなることも。日本人からすると「あれっ」と感じることもあるかもしれない。

まとめ

ということでネイティブによる英語レッスンが主流のいま、あえて英語を習うのは日本人がいい理由を挙げてみました。

英会話してるっていう雰囲気を味わえるのはネイティブ先生に間違いないんですけどね、実を取るなら日本人先生に習ってみて欲しいです。

発音とリスニングだけはネイティブ先生に習うのが効果的です。しかしいまは英語学習のための動画コンテンツがたくさんありますので、活用しましょう。

1日5分!英語力をコツコツ上げるYoutube動画シリーズ10選

英語を使えるか使えないかは最終的には勇気なんだと思います。

さとすき

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク