新型PS4 vs 旧型PS4 違いが確実にわかるまとめ

新型PS4と旧型PS4の違いだけど、前回の記事で表にしてみても違いがわかりづらかったので、箇条書きにしてみました。

比較したのはこれらのモデル。

PlayStation4 旧型 1TB CUH-1200BB01 

PlayStation4 新型 スリム版 1TB CUH-2000BB01

PlayStation4 新型Pro 1TB CUH-7000BB01

変更点サマリー

旧型 CUH-1200BB01 vs 新型スリム版 CUH-2000BB01

新型スリム版は

・少し安くなった(29,980円から)

・光デジタル端子がなくなった

・少し小さく、少し軽くなった

・USB 3.1に対応した

・HDMIがHDRに対応した

・WiFiが802.11acに対応した

・Bluetooth 4.0に対応した

・消費電力が下がった

旧型 vs 新型Pro

新型Proは

・少し高くなった(44,980円)

・CPU性能アップ(1.3倍)

・GPU性能アップ(2.3倍)

・少し大きく、けっこう重くなった

・USB 3.1に対応した

・HDMIがHDR/4Kに対応した

・WiFiが802.11acに対応した

・Bluetooth 4.0に対応した

・消費電力が上がった

詳細比較はこちら

なお、旧型・新型のいずれもVRに対応しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク