幸せになるために必要不可欠なこと?それは「人の役に立つこと」

長いあいだ僕の人生の目的だったもの。それは独りよがりに自らが幸せにになること。

多くの苦難に耐えつつも、ここまで生きてきたのは、いつか手に入れられると信じる幸せのため。みんなそうではないでしょうか。

だから僕たちは日々様々なものを買い集め、嫌な上司に認められるために一生懸命働き続ける。

でも幸せになれない。

そこで多くの人は、なぜ幸せになれないかを分析する。

そして出された答えたち。

・幸せにしてくれそうなものを買ってみる。

・幸せにしてくれそうな人とつるんでみる。

・幸せになれそうな仕事に就いてみる(でも実際好きではない)。

・幸せという価値を見直す旅に出てみる。

どの答えも結局うまくいかず、夜寝る前に考えることは、幸せになるための次なる一手。

同じことの繰り返しだ。

世の中にあふれている、手っ取り早く幸せになる方法は、残念ながらどれも作り上げられたものだと気付く。

アリストテレスはこんなことを言っている。

「幸せこそが人生の意味であり目的であり、そして人類が存在している理由」だと。

けれどもここで考えるべきは、幸せは「結果」であって、幸せを得るための具体的な「方法」が必要なこと。

そしてぼくがたどり着いたのは「役に立つこと」が幸せになるための方法だという考え。

「役に立つこと」を言葉で説明するのは難しいけど、一般的に人を幸せにすると考えられているものは、ただの行為にすぎない。

例えば、

・長期休暇を取る。

・働く。

・買い物に行く。

・飲みに行く。

・レストランに行く。

・クルマを買う。

これらは消費や行為であって、何も生み出してはいない。

僕もこれらは好き。誤解して欲しくない。だけど何も生み出していないから、なんの役にも立っていないから、生きた証を何も残していないように感じる。

難しいことを抜きにして、役に立つと幸せだ。

なにか人が使えるものを作るとか。たとてそれは家族や自分自身が使うものだったとしても。

偽善的なスタンスも嫌だし、世界を変えるなんてたいそうな野望もない。

ただ自分の周りの人に少し役に立つこと。たったこれだけで、たったこんな考え方を持つだけで、僕はどうやったら幸せになれるんだろうと悩むことはなくなった。

さとすき

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク