ノートパソコンスタンドの廃人的に便利な使い方3選【17インチもOK】

ノートパソコンスタンドを買って2か月経過。

ノートパソコンスタンドを買って早くも2か月が経ちました。

以前の記事

今日はノートパソコンスタンドを2か月間使い倒した成果をお見せしたいと思います。

ノートパソコンスタンドの廃人的に便利な使い方3選

1.フロアスタイル(床に座って使う)堕落度★

20161012154837_img_3703

まずはオーソドックスなスタイルからいってみましょう。

51e7uytqhfl

出典:Amazon

一応お伝えしますが、このノートパソコンスタンドの足は3つの可動部を持っていて、イラストの通り様々なスタイルで使用することができます。

最初はいろいろな足の曲げ方を試してみましたが、安定感がでないのと調整が面倒くさいので、最終的には一番下の可動部は180度に伸ばしっぱなしにして、上の2つだけで高さと角度を調整するようになりました。これファイナルアンサーです。

床に座って作業するこのスタイルはお尻が痛くなるので長時間は無理。しかし、太ももの上にのせて作業するよりキーボードも打ちやすいし画面も近くて見やすい。作業するのがリビングなのか廊下なのかはわかりませんが、壁によりかかることさえできればメールチェックくらいは余裕ですね。

2.ソファースタイル(ソファーで使う)堕落度★★★

20161012154304_img_3698

いきなり廃人度があがりました。

私はこのソファースタイルで使用する時間がもっとも長いです。長いときは一日8時間くらいこれ。マッサージチェアなのがさらにいいのかもしれません。

ソファーの座面の上にスタンドの足を置いてますが、安定していて倒れることはまずないです。飛行機のビジネスクラスの座席でテーブルを出して作業している感覚に酷似しています。

座り心地のいいソファーを持っている方はぜひ試してほしい。それがソファースタイル。

妻いわく、遊んでいるようにしか見えないとのことなのでその点はご注意を。

3.スリーパースタイル(寝ながら使う)堕落度★★★★★

20161012155213_img_3704

完全な廃人スタイルです。絶対にこれでネットゲームしないでください。

胴体をスタンドの両足の間に滑り込ませ、キーボードの下側の縁がお腹すれすれの高さになるように調整します。これでちょっと高めの枕を用意して首を起こせばタイピングは普通にできるわ、画面はちょうどよく見えるわの堕落系最強スタイルが完成します。

実は僕はこのスリーパースタイル、あまり使っていません。なぜなら使用中の全身の脱力感がやばいのです。ふつう立っているにせよ、椅子に座っているにせよ、姿勢の保持になんらかの筋肉を使っていますが、このスリーパースタイルだと腕以外の筋肉をまったく使っていないことに気付きます。楽すぎて怖い。

僕は堕落へのせめてもの抵抗ということで、スリーパースタイルは封印してソファースタイルで毎日作業しています。でもぜひこのスリーパースタイル、一度試してみてください。

Amazonレビューに入院のためにこれ買って持っていったという強者もいらっしゃいました。

おまけ情報

このノートパソコンスタンドは、ノートパソコンの排熱を助けるみたいで、少しCPUの温度が下がりました。あと机の上で使うとき、キーボードに少し角度を付けたり、モニタースタンドとしても使うことができますよ(外付けのキーボードがあれば、です)。

まとめ

このノートパソコンスタンドがあれば、いろんな姿勢で作業ができるようになります。確実に廃人度は高くなるし、家族から冷たい目で見られることもあると思いますが、そこはご愛敬ということで。

それでは引き続き良きパソコンライフを!

さとすき

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク