東京からわずか2時間!関東在住者なら確実に知っておくべきパワースポット「出流ふれあいの森」

今日は10月27日、朝晩はずいぶんと秋らしい寒さになってきた。森の木々は徐々に色づき始めているっていうニュースを聞いて、栃木県は「出流ふれあいの森」に行ってきました。

出流ふれあいの森

20161027110826_img_4194

「出流ふれあいの森」は栃木インターから30分ほどのところにある、宿泊用のコテージとキャンプ施設をそなえた公園。近辺で石灰が採れるらしく、途中多くのダンプカーが行きかっていて、道が本当に合っているのか不安になりながら進んだ先に、その公園はありました。

紅葉を写真に収めようと意気込んてきたものの、どうやら少し早く来すぎたみたい。色づき始めた木々はたしかにあったけど、ほとんどの木がまだ青々とした葉を並べていた。

でも僕たち家族3人は、せっかく来たんだからということで、この森を少し探索することにしたのでした。

森を流れる川

20161027111214_img_4204

出流という名前が付いているくらい。澄んだ水が流れる川に沿って公園は続いています。その川にはところどころ橋が架かっていて、いろんな様相を見せてくれる。

巨大な滑り台

20161027124502_img_4319

しばらく進むと目の前には巨大な滑り台が現れた。長さにすると200mくらいはあるだろうか。傾斜も一番きついところで20度くらいはありそう。スキー場でいうと中級者コースだ。

滑り台の底はローラーとなっているタイプで、かなりのスピードが出る。妻が息子を連れて滑ってみる。もうじき2歳になる息子にはスピードと傾斜が怖かったみたいで、顔が引きつっていた。息子よ、ごめんな。

ちなみに滑るには専用のマットが必要です。公園の入り口にある管理棟(蕎麦屋と併設だ)で200円払えば借りることができる。

宿泊用のコテージ

20161027111409_img_4208

公園には宿泊ができるコテージが3棟ある。それぞれのコテージの目の前にはBBQができるスペースもある。家族・親戚や友達と集まって泊りがけのBBQをしたらきっと楽しいだろうな。自然の中で飲むビールは格別においしいですので。

ちなみにコテージの使用料は一泊12,600円からということなので気になる人は栃木市観光協会のHPをチェック。3棟しかないのでハイシーズンの週末はすぐに予約で埋まってしまいそうだね。

 アスレチック遊具

20161027113948_img_4239

さらに進むと十分な広さの原っぱにアスレチック遊具を発見。これには息子もおおよろこび。まだ一人で遊具には登れないけれど、必死に僕たちの手を引っ張って遊具に上ろうとする。息子の興奮した様子が嬉しかった。

木の遊具ってやっぱりいい。しかも実はこの日、子供連れは僕たちだけ。遊具は独り占め状態。この公園は穴場とのコメントをネットで見かけたのもうなづける。栃木インターからとても近くアクセスもいいのにね。

水生植物園

20161027114821_img_4254

アスレチック遊具の奥には水生植物園がある。澄んだ水と穏やかに揺れる鯉に心が癒される。

オートキャンプ場

20161027121519_img_4293

そうして最後にたどり着いたのがオートキャンプ場。ざっと見る限り7つほどテントを張れる場所がある。水道の付いた炊事場とトイレも併設してある。クルマがテントのすぐ横に駐車できるので、これなら子連れの家族でも、キャンプを安心して楽しめる。

オートキャンプ場は10月末までの営業らしいので、今年中は難しいけれど、来年は絶対に来よう。

最後に

「出流ふれあいの森」は栃木インターからほど近い場所にある緑豊かな公園。これだけアクセスのよい場所にありながら訪れる人は少なく、とびっきりの秘境感を味わえるパワースポットだ。ここには宿泊用のコテージ、オートキャンプ場があるので、ぜひ一度利用してみたい。自然の中でBBQをしたり、ビールを飲むのは言うまでもなく最高・・・。

施設予約等はこちらへ

栃木市観光協会HPへのリンク

スポンサーリンク

登山用品専門店の好日通販

かさばるアウトドア用品を預けて、スマホで管理「hinata trunk!」

関連記事

初心者が色づく秋を写真に撮ってみた とちぎわんぱく公園編
秋ですね、紅葉の季節。 木々はこれから駆け足で色づき、そしてあっという間に彩りを無くしてしまいます。 そんな季節を写真に撮ってお...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク