劇的上達テニス!両手打ちバックハンドストロークのすぐためせる「5つのコツ」

バックハンドが苦手ですって!?

OK~、大丈夫!
バックハンドストロークが得意な方はほとんどいませんから。

たまに両手打ちだからという理由でフォアハンドストロークより安定している方はいっらしゃいますが得意なのは別問題。
そんなバックハンドストロークも、ミスが減り、要所で攻められるようにコントロールとパワーが備われば、こんな心強いものはありませんよ。
そもそもほとんどの方が苦手なわけですから、極めるメリットは計り知れませんね。

出典: ABC News

ということで今日は、両手打ちバックハンドストロークを上達させるための5つの方法をまとめてみました。

劇的上達テニス!両手打ちバックハンドストロークのすぐためせる「5つのコツ」

1. 練習量を多くする

やっぱりまずはこれですかね。
バックハンドが得意でないとフォアに回り込むことが多くなり、バックハンドの絶対的な練習量が足らなくなるんですね。
バックハンドは片手打ちのスライスも使用するため、バックハンド側ではさらに練習が必要です。

フォアハンドの伸びしろに比べたら、バックハンドの伸びしろってとてつもないわけです。

たとえばですよ?
前回のテストで数学95点、国語30点だったあなたが、総合点をより高めるにはどちらに力をいれるべきでしょうか?

もう考えるまでもなく国語(=バックハンド)なのですよ~!

ある練習日をバックハンドデーと決めて、あえてバックハンドばかりで打つ。
ちょっとストレス溜まりそうですが、未来に向けたさらなる上達のためにやっちゃいましょう。

溜まったストレスは練習後のビールで解決しちゃいましょう。

2. 非利き手を意識する

このポイントは良く聞くアドバイスではありますが、意外と忘れがちであります。
右利きのあなたはバックハンドを左手一本で振るイメージです。

というかむしろ左手一本で素振りしてください。
最初は違和感があります。違和感ありまくりです。
その違和感がなくなるまで続けるんです。

きっと絶大な効果がありますよ。

SHBH
出典: Federerism

3. ユニットターンの徹底

手でテイクバックして、手でスイングを始動して、手でフォロースルーしてるとすると、それは残念ながら意識として間違いです。
ユニットターンを覚えることによって劇的に精度とパワーが増します。
スプリットステップ直後とテイクバック時の「手と体の位置関係」はまったく同じであることに注目。

こちらの動画が非常に参考になります。
パワフルなストロークが売りのベルダスコ氏ですね。
是非ご覧ください。


出典: FEELTENNIS

4. フォロースルーをきちんととる

ビビってはダメです!

アウトを恐れてきちんとフォロースルーしないと、回転がかからずにもっとアウトしてしまいます。
結果、力加減でコートに入れようとするのでネットも増えたりします。

全てを恐れずに思い切り振っちゃいましょう。
振っても振ってもコートに入るんです。
回転の効果をなめてはいけません。

バックネットに突き刺さっても、パートナーはきっと笑って許してくれますから(笑)

topspin-backhand-followthrough
出典: OPTIMUMTENNIS

2007_09_27_djokovic_backhand_2
出典: TAUFIQ

5. デンデン太鼓のイメージで振る

この動画はデンデン太鼓スイングのイメージ作りに最高です。
体軸が回り始めラケットが遅れてついてくる現代のスイングは、このデンデン太鼓のイメージが不可欠です。


LOCKANDROLLTENNIS

また、こちらの素振り練習機はその重さから、ラケットが遅れてついてくる感覚を養うのに適しています。スポーツ用品店にも置いてありますので、一度お店で試してみてください。

最後に

両手打ちバックハンドストロークのすぐためせる「5つのコツ」はいかがだったでしょうか。
バックハンドストロークで、ミスが減り、要所で攻められるようなコントロールとパワーが備われば、こんな心強いものはありません。

バックハンドストロークをマスターして、ゆるぎない自信と実力を手に入れてしまいましょう。

さとすきー

関連記事:テニスはユニットターンで万事うまくいく

練習時間が限られているならコート外でうまくなるしかない

その他の関連記事はこちら

ストローク&ボレー テニスは手首を固定すると上達する?
テニスと手首 インターネットやテニス雑誌でテニスの手首の使い方について調べていると、両極端なアドバイスが出てきます。 「手首は固定し...
テニスで肘を伸ばしたら劇的に上達した話
テニスのストロークで肘を伸ばしたほうがいいかどうかは、テニスをやっている人の中ではわりとポピュラーな話題。この話題にいつまでも決着がつかない...
テニスのユニットターンが生む3つのメリット
テニスの「ユニットターン」って聞いたことありますか? 日本ではあまり馴染みのないこのユニットターンという言葉、海外のテニス教本だと最初...
スポンサーリンク