テニスのストロークでは肘が大事! その3つの理由とは

みなさんこんにちは。

今日はテニスのストロークで、肘が大事な3つの理由についてお話します。

理由のまず1つ目は「テイクバックをコンパクトにできる」です。

テニスのストロークでテイクバックが大きいと、

  • 振り遅れる
  • コントロールが悪くなる
  • フォロースルーが小さくなり威力がなくなる

など良いことがありません。

テイクバックの際に、常に肘が視界から外れないよう前方にキープし、また向かってくるボールの高さに応じた適切な高さに肘をセットすると、的確にミートしやすくなり、スイングが前方に大きくなります。

理由の2つ目は「体とボールの位置関係を一定にできる」です。

インパクトの際に、肘の位置が体から離れたり、近づきすぎたりすると、コントロールが難しくなります。リカバリーショットのときなどは、肘を最大限伸ばしてボールを捕らえることも必要になりますが、インパクト時に常に体と肘の位置関係を一定にする意識を持つと、コントロールが向上し、また手打ちを防ぐ対策にもなります。

そして最後3つ目の理由は「スイングスピードを上げられる」です。

インパクトからフォロースルーにかけて、肘を前方に残すイメージを持つことで、スイング弧の中心が肩から肘へと変化します。そうすることによって、ラケットが加速し、打球の速度が高まると同時に、ボールの回転を増すことができます。

以上、ぜひ試してみたい、テニスのストロークで肘が大事な3つの理由でした。

さとすき

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク